2019年9月14日、15日は、京都大会!お問い合わせは、東京本部へ  http://www.keieishikai.com/

毎年、開催される日本経営士会の全国的な活動のひとつです。本年度は、近畿支部主幹で京都の地で開催されます。目まぐるしく変容する現代、変化が必要なものと伝統を守り続けることの重要性を本大会を通じて研究をしていきます。素晴らしい講師もお見えになります。大会の情報は随時更新していきます。

MPP研究

MANAGEMENT PROFESSIONAL PROGRAM(MPP)研究は、会員同士が、グループ討議をしながら、知識・技能の伝達や結果の良否を超越して、自分とは異なる、ものの考え方や経験、職務や役割の上から出る制作・戦略などを知ることによって、そこから経営指導上の新しい発見をしていくことが狙いです。
そのための方法として、小集団による共同研究方式である「ケース・メソッド」を採用しています。いわゆる"ケース・スタディ"が、実例を分析することによって、原理・原則を引き出すのとちがって"ケース・メソッド"は、実例を分析することによって、意志決定の訓練を行おうとするものです。
つまり、討議の過程で、目標の決定や将来への洞察力、判断力を養うのが目的です。
MPP研究の結果は、参加の機会を増やすほど、高い価値として現れます。
参加することによって、一報では、会員同士の素晴らしい仲間意識をつくり出し、人脈づくりにも寄与しています

各研究会

(1)産業社会の要請に応じた人材育  成の在り方の調査・研究
(2)人材育成に必要な教材の開発及び育成講座の実施
(3)専門家集団としての資質の向上
(4)経営士研究論文の募集と評価
(5)コンサルティング技法の研究・開発
(6)研究・開発の登録及び内外への啓蒙活動
(7)経営に関する情報の収集及び分  析
(8)中小企業経営支援活動
(9)その他、上記に関連する必要な諸活動

各種イベント

年賀交歓会(難波神社での年初めのご参詣と食事会)をはじめ会員交流イベントや本部(東京)各支部での取り組みにご参加頂けます。

また、近畿では不定期ではありますが、高野山研修(主に夏)も実施しており、全国から仲間が集まります。